その日にあったこと、思ったこと、好きな漫画や小説について語る日記です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の終わりを歩く人
余談。
高耶さん、誕生日おめでとう!!
今年もこの日がめぐってきました。心から、生まれてきてくれたことに有難う。
桑原先生にもありがとう。



さて、昨日「ザ・ロード」を有楽町のTOHOシネマズシャンテで観てきました。
ヴィゴのミニシアター系映画はだいたいここでやってるので、もうお馴染みです。
ザ・ロード ヴィゴ The Road road4.jpg

ボロボロの服を着てヒゲをぼうぼうに生やしたヴィゴは、某野伏さんを彷彿とさせましたが(笑)、すごく信念の強い父親を演じていて、これまたはまり役でした◎
声も良かった~ ^^*
物語も良くて、じっと見入ってしまいました。
ああいう、人間が必死で生きようとする物語は胸に来る。

途中、心臓がフル稼働したホラーシーン(?)があって、あれは心臓の弱い人にはおすすめできません…。
めっちゃ怖かったあ!
ジェイソンが来るよ、早く逃げてぇぇえ!!ってな場面です。


以下、ネタバレ上等な方だけ読んでくださいね~。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

突然の天変地異で世界は灰色になった。
全ての生き物は死に絶え、枯れた木はやがて根こそぎ倒れ、雨や雷が落ち、地から火と煙が噴き出す。
食べるものもなく、絶望した人々は自ら死を選ぶ。

生きているのは、人を狩って喰う者か、肉体が動かなくなるまでひたすら歩く者か、己の信念に一縷の希望を捨てない者―。

ヴィゴ・モーテンセン主演の「ザ・ロード」は荒廃した世界を南へ向かって歩く父子の物語。
生きることに絶望した母親は暗闇の中へ出て行ったきり戻らず、次第に冷たくなる土地を離れ、父は少年を連れて少しでも暖かい南の海を目指す。

荒れ果てた家にはひとかけらの食べ物もなく、人喰いに追われ、疑心暗鬼になった人間の敵意を向けられる。
しかし父は子に「善き者」たれ、胸にある火を運んで生きて行けと教える。
息子を守るために人を殺し、盗人の衣服を奪い、必死に歩く父。
息子は恐怖と飢えの中でも、人を信じ人に憐れみを与える。

やがて海にたどり着いた父子だったが、父の体は病に蝕まれていた。
独りでも南を目指せと言う父に少年は…。

男は眠るたびに妻の安らかな寝顔を夢に見、はっと飛び起きて灰色の現実をみる。
その過去の記憶が色を持って映し出されると、それだけで何て美しいのかと思う。
それほどこの世界は絶望的だ。

だが少年は父の死後に出会った「善き者」と共に行く。
終わりに世界がどうなるのかは語られない。
エンドロールに音楽が途切れ、かすかに人の笑い声と小鳥のさえずりが聞こえてくるが、それが過去の幸福な時間なのか、これからの世界が生命を取り戻したのかは分からない。
しかし後半にあった、ふたの裏に隠れていたコガネムシが飛び立つシーンは、生命がまだ残っていることを暗示しているのではないか。


極限状態に独りでいたら死ぬ方が幸せだと思うかもしれない。
しかし愛する者がそばにいるなら、そこに希望は見出される。
生きようと思うならば、そこに命は見出される。


最後に出てくるインディアンっぽい顔をしたガイ・ピアーズも良い味出してました。
スポンサーサイト
かもめ・めがね・プール
かもめ食堂、めがねで共演した小林聡美さん、もたいまさこさんたちが同じスタッフとまた新しい映画を作ったようです。
てれびCMで見ました。おお、「プール」か。このキャストは期待できるわーと見ていたら、あれ?あの女の子はもしや伽奈ちゃん!?
英会話スクールGABAの広告やウォータリングガムのCMに出ていたモデルの女の子です。写真集「スクールガール」を見て惚れた子です(≧w≦)

さっそくオフィシャルサイトをチェックしました。
―自分と祖母の傍を離れてタイに行ってしまった母を訪ねて、チェンマイに渡った女子大生のさよ。
母は小さなゲストハウスで青年とオーナー、タイ人の少年と楽しそうに働いていた。
そこで過ごすうちにさよの気持ちも開いていく。そしてとうとうさよは母に尋ねる…。

わー、いい雰囲気です。「めがね」のようなマッタリした空気かな。どうかな。楽しみです。
かもめ食堂をまだ観てなかったので、先に観ておこうっと♪
伽奈ちゃんの演技も楽しみだわーvV可愛いなあ♡→ܫ←♡
ガマ王子にキュン
マイカルの映画館に行ってきました。
いつもcomingsoon attractionが始まる前に流れる映像が毎回楽しみで、ぐおーんとジェットコースターに乗ってる感じがして面白いんだなー♪ワクワクします^^*


さて、今日は「パコと魔法の絵本」を観てきました!
終了後。即、邦画マイベスト5入り。良い。すごい良い!!
ファンタジーのような可愛らしく鮮やかな映像、テンポの良いボケ突っ込み、部屋の隅々まで気を抜かない小物の配置(屋敷に住むオタク青年の部屋、”おやじにもぶたれたことないのに”にも笑ったし、CCさくらのコミックス発見(笑))。
そしてキャラクターの大げさなまでの役作り。大貫は嫌な奴!と思わせて、だんだんと生い立ちを説明して性格を納得させる。ネタを引っ張ってオチはそれかい!と突っ込むのも楽しい(笑)
いやー、やっぱり最後はそうなるよね…と泣いてたら違って、余計に泣かせる し(T-T)


ほんっとにキャラクターひとりひとりが愛しくなって、泣いて笑って泣いて笑って… ヤゴ(トンボ)、最後に美味しいとこ持ってったわね(笑)
俳優陣がみんな上手いしノリノリで良かったです。パコの表情がもっと豊かになれば最高。でも笑顔は可愛かった ☆
妻夫木くん演じる室町が良かったなと思います。
人気子役から転落して精神を病み、自殺に走って自暴自棄になる青年が、最後にはザリガニ魔人役でふっきれるんですが、窓から飛び降りようとした時の、青い光の中の表情が印象的。
土屋アンナさん演じるタマ子との関係も泣かせましたねー^^b

役所公司さんは「笑の大学」で好きになり始めて、「ローレライ」の配役も嬉しかったですvV
今回のクソジジイこと(笑)大貫はめちゃくちゃ嫌なじいさんで、人生を仕事に捧げていて倒れてしまってから卑屈になってしまったんでしょうね。 でも少女パコに対して優しくなって本を読んであげるとことか、役になりきってるところが可愛かったです^^*キュンキュンしました(笑)


小物や映像が細かいと思いましたが、ゲスト出演者もいろいろいたんですねー。
背景の写真の中にデヴィ夫人がいたり貫地谷しほりさんも出てるとかで、全然気付かなかったのでもう一度観たいです^^*(貫地谷さんはリコーダーのサオリちゃん、女子社員役だそうな…ええ!?ww)

おくりびと観てきました
滝田洋二郎監督の「バッテリー」や「壬生義士伝」が大好きなので、20世紀少年かパコか迷ったのですが、今日は「おくりびと」にしました。

団員だったオーケストラが潰れ、妻と田舎に戻った主人公は、”脱字の”社員募集の広告にひっかかり(笑)「納棺師」の仕事を始める。
死者を清めて化粧を施し送り出す仕事は、妻にも友人にも嫌悪の目で見られたが、次第にやりがいを見出していく。人と人、人と死、人と愛―。温かく泣ける物語。


出だしから笑い、途中はボロ泣きし、最後は温かい気持ちになれる秀作でした。
死んで別れることは辛いことですが、その別れの時が良いものであれば、残された方の気持ちも軽くなると思います。死者を送り出す、という儀式がつまるところ、遺族が笑って死んだ人に「いってらっしゃい」と言えるためのものなんだと。
多くの大人に観てもらいたい映画でした!


ところで、社長の山崎努さんがめっちゃ良かったです。きゅんきゅんでした(笑)ひねくれ具合とかむっつりなとことか、あの部屋のセンスとか!ww
主人公たちの家も素敵でしたが、NKエージェンシーの建物も良いですね~vV植物で部屋を満たしてみたい♪

ヴィゴにはグラサンが良く似合う
イースタン・プロミス

昨日、日比谷のシャンテ・シネでD・クローネンバーク監督の「イースタン・プロミス」を観てきました。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」に続く、ヴィゴ・モーテンセン主演の作品です。
ヒストリー~はアメリカのマフィアの物語で、銃乱射の血みどろな映像だったので、今回も恐る恐る観に行くことに(笑)
反面、評論家の評価も高く、良い人間ドラマになっているとのことで楽しみでもありました。


結論。
痛いです。殺しに死体の処理に切り合いの殴り合いで、目はふさげるものの音が…うきゃあ。
スウィーニー・トッドくらい、ぐさっと切って流血して…><;
でもしんみりきました。泣いていたキリル、自分を押し殺してまでのし上がろうとするニコライ、ボスの息子に対する感情とか、人間関係が言葉端や仕草から読み取れて、この人はこんな性格なんだろうなと想像できる。

そして何よりヴィゴがかっこいい!
足長い!腕組みが可愛い!色っぽい!優しいしさぁ(≧▽≦)
ニヤッと笑う顔がイタズラっ子みたいで可愛いんですvV なでつけた髪にサングラスはヤクザだけど、外して笑うとイイ人にww
もう、これはヴィゴのプロモーション映画かと思いマシタ(笑)ヴィゴの横顔の演技ってかっこいいなぁvV
それに、キリル(ヴァンサン・カッセル)が相手だとエロっぽく見えるのはなぜでしょうね?え、フィルターかかってる?(笑)ヴィゴが兄貴面すると、色っぽいと思う今日この頃…w(指輪物語とかも…^^*)


ストーリーはロンドンが舞台。
マフィアに殺されたロシア人の少女が、亡くなる前に女の子を産む。助産婦のアンナは少女の日記からある料理店の名刺を見つける。
店主がロシア語の日記を翻訳しようと申し出るが、彼こそがマフィアのボスだった。
彼は息子と自分の名が日記に書かれているのを見て、日記帳と赤ん坊の抹殺を息子のキリルと運転手であるニコライ(ヴィゴ)に命じた。

一方、息子が商売の取引先でトラブルを起こし、キリルを引き渡すよう言われた彼は、ファミリーの一員にさせたニコライを代わりに送る。サウナ室でニコライを待ち受ける罠、彼の命と正体は、赤ん坊の運命は…。
さあ、いよいよファミリーの頭にのし上がっていくぞ、というところで映画は終わりましたが、ニコライのことだからボスになるんじゃないかと想像させます。
そして「目的」を達成するー。


東京では日比谷と池袋の2館で上映中◎
18歳未満は入場禁止です。痛いのガマンでかっちょいいヴィゴを観たい方はどうぞ!(笑)

Copyright © 2005 陽のあたる書斎. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。