その日にあったこと、思ったこと、好きな漫画や小説について語る日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガマ王子にキュン
マイカルの映画館に行ってきました。
いつもcomingsoon attractionが始まる前に流れる映像が毎回楽しみで、ぐおーんとジェットコースターに乗ってる感じがして面白いんだなー♪ワクワクします^^*


さて、今日は「パコと魔法の絵本」を観てきました!
終了後。即、邦画マイベスト5入り。良い。すごい良い!!
ファンタジーのような可愛らしく鮮やかな映像、テンポの良いボケ突っ込み、部屋の隅々まで気を抜かない小物の配置(屋敷に住むオタク青年の部屋、”おやじにもぶたれたことないのに”にも笑ったし、CCさくらのコミックス発見(笑))。
そしてキャラクターの大げさなまでの役作り。大貫は嫌な奴!と思わせて、だんだんと生い立ちを説明して性格を納得させる。ネタを引っ張ってオチはそれかい!と突っ込むのも楽しい(笑)
いやー、やっぱり最後はそうなるよね…と泣いてたら違って、余計に泣かせる し(T-T)


ほんっとにキャラクターひとりひとりが愛しくなって、泣いて笑って泣いて笑って… ヤゴ(トンボ)、最後に美味しいとこ持ってったわね(笑)
俳優陣がみんな上手いしノリノリで良かったです。パコの表情がもっと豊かになれば最高。でも笑顔は可愛かった ☆
妻夫木くん演じる室町が良かったなと思います。
人気子役から転落して精神を病み、自殺に走って自暴自棄になる青年が、最後にはザリガニ魔人役でふっきれるんですが、窓から飛び降りようとした時の、青い光の中の表情が印象的。
土屋アンナさん演じるタマ子との関係も泣かせましたねー^^b

役所公司さんは「笑の大学」で好きになり始めて、「ローレライ」の配役も嬉しかったですvV
今回のクソジジイこと(笑)大貫はめちゃくちゃ嫌なじいさんで、人生を仕事に捧げていて倒れてしまってから卑屈になってしまったんでしょうね。 でも少女パコに対して優しくなって本を読んであげるとことか、役になりきってるところが可愛かったです^^*キュンキュンしました(笑)


小物や映像が細かいと思いましたが、ゲスト出演者もいろいろいたんですねー。
背景の写真の中にデヴィ夫人がいたり貫地谷しほりさんも出てるとかで、全然気付かなかったのでもう一度観たいです^^*(貫地谷さんはリコーダーのサオリちゃん、女子社員役だそうな…ええ!?ww)

スポンサーサイト
ヤングアダルトから創竜伝
講談社YA!の「ナンバー・シックス」7巻がでたらしい!本屋に最近行ってなかったから気付かなかった!
午後に買いに行ってきます♪

で、ちょろちょろググッてたら、YA!から「創竜伝」が新装版で出るって…?
はあ?ちょ、ノベルス版の新刊はどうしましたよ!?文庫も追いついてるというのに、そのうちYA!のも文庫に追いついてしまうんじゃないでしょうねっ!??(笑)
…とっっても心配ですwww

ちなみに私はCLAMPファンなので文庫版派☆早く新しいの出してくださいよ、田中先生~w
おくりびと観てきました
滝田洋二郎監督の「バッテリー」や「壬生義士伝」が大好きなので、20世紀少年かパコか迷ったのですが、今日は「おくりびと」にしました。

団員だったオーケストラが潰れ、妻と田舎に戻った主人公は、”脱字の”社員募集の広告にひっかかり(笑)「納棺師」の仕事を始める。
死者を清めて化粧を施し送り出す仕事は、妻にも友人にも嫌悪の目で見られたが、次第にやりがいを見出していく。人と人、人と死、人と愛―。温かく泣ける物語。


出だしから笑い、途中はボロ泣きし、最後は温かい気持ちになれる秀作でした。
死んで別れることは辛いことですが、その別れの時が良いものであれば、残された方の気持ちも軽くなると思います。死者を送り出す、という儀式がつまるところ、遺族が笑って死んだ人に「いってらっしゃい」と言えるためのものなんだと。
多くの大人に観てもらいたい映画でした!


ところで、社長の山崎努さんがめっちゃ良かったです。きゅんきゅんでした(笑)ひねくれ具合とかむっつりなとことか、あの部屋のセンスとか!ww
主人公たちの家も素敵でしたが、NKエージェンシーの建物も良いですね~vV植物で部屋を満たしてみたい♪

入稿してきましたー
君がここにいる奇跡 ハリポタ本表紙

今日、セブリマ本をしまや出版さんに入稿してきました!
最初は大阪のほうのオンデマンドが安いところにお願いしようと思っていたのが、原稿が上がるのがギリギリになってしまいそうで、急いで近場を探したらしまや出版さんが意外と近くに~!

電車を乗り継いで荒川沿いを歩いて行ってきました。
マニュアルを請求したのが1週間前で、まだ届いていなかったので原稿だけ持っていった客なのに、ご親切に対応していただきましたよう~(〒ヮ〒)スミマセン、ほんとにギリギリに入稿する人の気持ちがよく分かりました(笑)
でも目の前でヤオイ本をチェックされるのは恥ずかしい!!ww え、そこ修正入るんですか!?白線で…はぁ…(←笑)

自分では平気だろうと思っていた絵も、今は規制が厳しいようですね。トーンを重ね貼りしただけで、線なんて描いてないのに修正チェック入るとは思いませんでした…。
そんなでもないだろうと思いつつ、一応”FOR ADULT”と表紙に入れて、ペーパーには「そんな大したものではありません」と書こうとしていたのに、必要になるとは思いませんでしたわ…(笑)

とにかく出来上がるのがドキドキです^^;表紙もタイトルも手描きだし、トーンも必死…。どうなってることやら。
Copyright © 2005 陽のあたる書斎. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。