FC2ブログ
その日にあったこと、思ったこと、好きな漫画や小説について語る日記です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「NOW HERE」木原音瀬
[NOW HERE:木原音瀬]※BL小説です

木原音瀬(このはら なりせ)さんの、これまた王道を外れたカップリングを、しかし堂々と行ってらっしゃいます。そんなカップリングに食いつく私も、マイナー上等な人間です(笑)

そう、表紙の絵をみても分かるように31歳×51歳(!)の年の差・高年カップルなんです。でも木原作品は好きだし、おじ様も好物です。ええ、中学生の頃にトヨエツが好きで、高校生の時にアラン・リックマンが好きで、30~50代は何でも来い(笑)

ストーリーは、とてもじれったくなるような二人にやきもきしちゃいます。
――ゲイでモテ男の福山は、酔って別の部署の部長をお持ち帰りしてしまった。好みは20代の綺麗系のはずが、仁賀奈は50歳、それもゲイでもなければ今まで女性関係もなかった中年。
恋愛に関して全くの初心で不器用な仁賀奈を、面白半分に「年下の可愛い恋人」を演じて、相手が夢中になってきたら捨ててやろうと考えていた福山だったが、仁賀奈の態度はどこかはっきりしないまま、二人は同じ部屋に住んで体を重ねる……。

木原作品好きだと言っても、まだ「箱の中」「檻の外」しか読んだことがない初心者ですが、これを読んだ時も衝撃的でした。「…甘くない!???」(笑)
現実的といえばそうなんでしょうが、とことんシビアで切なくて、ようやく二人が穏やかな時を過ごせるようになったときはホッとしました。
「NOW HERE」の福山も最初はなんて嫌な男!と思いました。仁賀奈さんの態度も「もっとはっきりしてよ!?」といいたくなったけど、普通はそういう反応するしおとなしい性格ならなおさらだよね、と納得。

はっきりと断りも避けもしない男は、自分を好きなんだろうと思い込んで恋人役を演じているつもりの福山が、次第に相手が喜ぶこと、好きなことを見つけて喜んでいる姿にだんだんと微笑ましくなってきます。からかっているつもりがだんだん夢中になっていたモテ男が、最後にやっと自分の気持ちに気付いて仁賀奈を追いかける、そしてその後のシーンには「ご馳走様vV」ですww
ベッドシーンを楽しむBLじゃなく、二人の恋の揺れ動いて行く様が読みたい読者には楽しめる一品だと思うですよ。おじ様スキーな方にももちろん^^*



スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 陽のあたる書斎. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。